全国の選りすぐり商品を卸す食品問屋なら、有限会社風和商事へどうぞ。梅干やのりなど、製造元からの直送なので、常に新しい商品をご提供致しています。

東京商工リサーチ 企業コード:29-697542-7

帝国データバンク 企業コード:984703791


取扱商品



卸売のことについて

卸売 ものが豊かになった現代の日本では、様々なメーカーによってたくさんの商品が生み出され、数多くの店舗にて販売されています。そこには様々な流通があり、その中の一つが卸売です。
卸売というのは、メーカーなどの製造業や農家などの収穫業の商品や食材を買いつけ、小売業であるスーパーや商店に販売することであり、この役割を担うところを卸、または問屋と呼びます。
卸売には、伝統的な体系として、扱う商品の種類によって分けられているという特徴があります。
(※油問屋、米問屋、木綿問屋、生魚問屋など)

食品卸売業とは 食品卸売業は、食品を専門に扱う卸であり、大きく分けて二つの種類に分かれています。
一つが、加工食品を扱うもので、もう一つが業務用食品を扱うものです。
加工食品を扱う場合、卸す対象が小売業者になります。
そして、業務用食品を扱う場合は、卸す対象が外食産業になります。

食品卸売業の仕事 食品卸売業は、メーカーと小売業者の間で様々なことを担っています。

→情報の提供
メーカーと小売業間にいる卸売業には、様々な情報が集まることになります。
その情報を活かして、メーカーと小売業者へ提案を行うなど、情報の共有ができます。

→商品の調達
集まった情報から、消費者の需要に合わせた商品を調達し、供給していきます。
また、小売業からの希望によって商品を調達することもあります。
需要が読める卸売業は、需給の調節をすることもできます。

→代金の回収
小売業から代金を収集し、メーカーへ支払う仲介をします。
これによって、確実に回収できるため、メーカー側のリスクが軽減されます。

→配送
小売業の大小にかかわらず、安定して商品を提供するために、卸売業では在庫を保有します。
メーカーが直接配送する場合、小さな店舗の小口注文にまで対応するとコストや人員に負担がかかります。
しかし、卸売業であれば、在庫から各店舗へ必要な数だけ配送するため、メーカーの負担が減ります。
全国規模で小口や頻繁な注文にも対応できるのが、卸業者を仲介することの強みにもなります。
また、多くのメーカーからの配送を卸業者が担うことで、メーカーにも小売業にとっても効率よく商品のやり取りができます。

地域に強い食品卸売業者 地域にある、大小様々なメーカーおよび小売業者を繋ぐ卸売業者は、地域に強いことも必要な要素ではないでしょうか。
弊社は、東京を中心として関東に強い食品卸売業者です。
関東圏内で、販売先小売業者を探しているメーカー様、仕入れ先メーカーを探している小売業者様は、お問い合わせください。

個人情報取り扱いについて
Copyright (C) 2013 - 2018 FUUWA SHOJI All rights reserved.